【東京・半蔵門】欧風カレーの名店「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」

メシ

知人が「都内で一番旨いカレー」というようなことを言っていて、前々から一度行ってみたいと思っていたお店。あまり近くに用事がなく行けずにいましたが、年始にようやく訪問できました。

そのお店とは、千代田区一番町にある「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」。場所は半蔵門線「半蔵門」駅と有楽町線「麹町」駅の間ぐらい。少し奥まった場所にひっそりと佇むあまり目立たない立地ですが、歴史も長くファンの多い名店です。

土曜日13時台の訪問のためスムーズに入れましたが、平日のランチタイムにはやはり混み合う模様。店内は暗めの照明で、大人なバーのような落ち着いた雰囲気でした。

食前にはバター付きのふかしたじゃがいもが2つ出てきて(ちょっと多いかな?という気も)、ライスの上にはチーズが少し乗っています。欧風カレー店ではおなじみの……というか、この店のルーツでもあるカレーの街・神保町の有名店「ボンディ」を思い出すスタイルですね。

私が注文したのは、看板メニューのビーフカレー(中辛・1,350円)。丹精込めて煮込まれたカレーソースは、スパイスの刺激ではなく甘みやコクを感じる深みのある味わい。これぞ欧風カレーという期待を裏切らない味です。香り付けして炊いたライスなど隅々まで手間暇かけられていて、とても上質。卓上の高菜・らっきょ・福神漬けで変化を付けるまでもなく、カレーそのものをじっくり味わっているうちにぺろりと完食してしまいました。

ちなみに欧風カレーとはヨーロッパで作られるカレーというわけではなく(そんなものはないそう)先述のボンディを元祖とする日本のカレーの一種です。そういう意味では、ボンディで修行したマスターが35年以上続けてきたこのお店も、欧風カレーというものを受け継ぎ成熟させてきた古豪の一角といえるでしょう。

個人的オススメ度

☆☆☆☆★:欧風カレーは、ほとんどの日本人の舌に合うであろう日本風のカレーを丁寧に作り上げたジャパニーズカレーLv.100のようなもの。オススメしない理由がありません。

店舗情報

店名:プティフ・ア・ラ・カンパーニュ
場所:〒102-0082 東京都千代田区一番町8-13 日興ロイヤルパレス 一番町
営業時間:11:30~21:00
定休日:日曜日

関連記事

TOP